» 2018 » 7月のブログ記事

まつ毛が伸びる効果があることで女性に人気のケアプロスト。
元々は緑内障を治すための薬ですが、個人輸入サイトなどではもっぱら
まつ毛美容液のようにして販売されています。

そんなケアプロストの有効成分であるビマトプロストにはまつ毛を伸ばす
以外に副作用が起こってしまう可能性があります。

ケアプロストの副作用の中でもよく起こるのが色素沈着です。
色素沈着は大袈裟に言えば目の周りが黒くなってしまうパンダ現象です。
もちろん、気を付けてケアプロストを使っていればさすがにパンダのように
目の周りが真っ黒になってしまうことはありませんが、まつ毛美容液として
ケアプロストを使うとどうしてもまつ毛以外にも付着してしまいます。

気になるのは色素沈着した場合に治るのか?という点ですよね。
色素沈着に関してはケアプロストの使用をやめれば自然治るものです。
大体1ヶ月~2ヶ月ぐらいですかね。

問題はその間にケアプロストを使っていないと長くフサフサになったまつ毛が
元に戻ってしまう点でそのジレンマからケアプロストのようなビマトプロストを
使った医療用医薬品から普通のまつ毛美容液を使い始める人もいます。

ただやはり化粧品と医薬品では効果が全然違うのでケアプロストを使っている人の中には
色素沈着を防ぐためにワセリンを塗ってめの周辺を保護してから使っている人も多いです。

関連:ケアプロストは楽天で買える?一番安い通販サイトは?