歯並びが悪いことをずっと悩んでいました。
永久歯に代わるのが、小学校1年生頃ですので、そのころからずっとです。
多分、小学校のころは覚えていませんが、中学生・高校生くらいには、自分のコンプレックスであるということを感じていました。
八重歯が片方にあったのです。
下の歯並びも悪かったです。
子供のころは、八重歯を持った芸能人もいましたし、かわいらしいという風潮もありました。
それでも、社会人になるころは、欧米は歯並びが悪いと良くない的な感じを受けるようになり、いつか矯正をしたいと思っていました。
歯並びが悪いと、歯磨きも上手に出来ないので、虫歯や歯周病になりやすいと聞き、40歳近くになって、一大決心で矯正をしました。
矯正中の2年間は、食べ物も思うように食べれず、見た目も良くありません。
それでも、2年間は、これからの人生の一部分に過ぎないと考え、2年間の矯正を終えることが出来ました。
矯正後は、鏡を見ることが楽しくなり、本当に矯正をしてよかったと思います。
歯医者に行くことは、大嫌いでしたが、その後はきれいな歯を見せれます。
大きな口を開けて笑ったり、おしゃべりをしたり、やはり歯並びがいいと気分的にも違うということがわかりました。

ミステリと言う勿れ 全巻